キューズベリーの抱っこ紐のメリットとは!?

 

それではキューズベリーの抱っこ紐のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

キューズベリー,抱っこ紐,メリット,デメリット

キューズベリーの抱っこ紐のメリットとは!?


 

 

 

キューズベリー,抱っこ紐,メリット,デメリット

肩ひもが乳腺にカブらないので乳腺炎になりにくい!

 

 

 

従来の抱っこ紐を長時間毎日使い続けると胸や乳腺部分を圧迫し、おっぱいの詰まりになる乳腺炎の原因と問題視されていました。
それは肩ひもがおっぱいを圧迫する分厚いベルト状など太さや形に問題があったようです。

 

 

キューズベリーのおんぶ抱っこ紐はおっぱいに当たらないよう、考慮された特許申請中の肩ひもで授乳中のママさんに優しい形です。

 

 

キューズベリー,抱っこ紐,メリット,デメリット

ガチガチに赤ちゃんを固定しない!

 

 

ん?抱っこ紐って赤ちゃんを固定した方がいいんじゃないの?
赤ちゃんは大きく成長すると抱っこ紐の中で動きたがり、首まで固定される抱っこ紐を嫌がってグズる子も多いです。

 

 

キューズベリーの抱っこ紐の大きさは3ヶ月の新生児で首からお尻にかけて本体部分がサポートし大きくなると肩周りから自由に動ける赤ちゃんに優しい設計
3ヶ月頃〜3歳頃まで長く使用できます。

 

 

キューズベリー,抱っこ紐,メリット,デメリット

30日間返金保証制度付き!

 

 

どうしても合わない…。思ったのと違う…。
キューズベリーの抱っこ紐は購入してから30日間返金保証があるので、ネット購入でも大丈夫!
送料はかかりますが、違うカラーに交換できますよ。

 

 

その他に、どんな服装でも男女問わないオシャレな抱っこ紐なので、パパさんにも育児に参加してもらう機会が増えるアイテムとしてメリットありますね。

 

キューズベリーの抱っこ紐のデメリットとは!?

 

 

 

キューズベリーの抱っこ紐はママさんや赤ちゃんが健やかになるとても嬉しいメリットでしたね。
逆にデメリットもまとめてみました。


 

 

 

キューズベリー,抱っこ紐,メリット,デメリット

速乾性がなく、汗っかきには不向き!?

 

 

ナイロン製の抱っこ紐と比べてハンプ生地やデニム生地は速乾性が悪く、また汗をかきやすいママさんには熱がこもるので大きく背中をホールドするクロス抱っこ紐で汗をかきやすいとの事です。

 

しかし、いいお天気で朝から天日干しするとその日には乾くとの事でした。

 

汗をかきやすいママさんにはおんぶ抱っこ紐のような背中が開いたタイプがおすすめです。

 

 

キューズベリー,抱っこ紐,メリット,デメリット

赤ちゃんが寝ると首がダラ〜ンとなる

 

 

キューズベリーの抱っこ紐は本体部分の面積が浅く、赤ちゃんが動きやすいメリットがある分、寝てしまうと片手で支えないと首がだらんとなりやすいとの事でした。

 

寝てしまったらすみやかにお布団で寝かせましょう

 

 

キューズベリー,抱っこ紐,メリット,デメリット

前向きだっこはできない!

 

 

多機能な抱っこ紐と違い、おんぶ抱っこ紐はおんぶと対面式抱っこのみになります。

 

ただし、多機能抱っこ紐は装着がややこしく使いこなせなかったママさんも多いのでここは、使いやすさと多機能どちらを選ぶかがキーポイントとなります。

 

キューズベリーの新しい抱っこ紐はデメリットをなくす設計に!

新抱っこ紐のメッシュ生地
※新しい抱っこ紐のメッシュ生地

 

キューズベリーの抱っこ紐のデメリットをいくつか挙げましたが、新しい抱っこ紐はこれらデメリットをなくす設計に改良されました。

 

例えば、速乾性や通気性が良くないという点。

 

これらは生地をメッシュ生地にすることで、汗をかいてもムレにくく乾きやすいように改善。

 

また、赤ちゃんが寝てしまったときに首が後ろに倒れないように、新たにヘッドカバーが付きました。

 

新抱っこ紐のヘッドカバー

 

 

その他にも新しいキューズベリーの抱っこ紐は赤ちゃんと抱っこするママ・パパに配慮した嬉しい工夫がいたるところにあるんです。

 

こちらの公式サイトでは、新しいキューズベリー抱っこ紐の8つの特徴がご紹介されています。

 

良ければ一度見てみてくださいね!

 

>>>キューズベリー公式サイト