人気抱っこひもブランド3社、徹底比較!

抱っこひものブランドとして人気の『キューズベリー』『ベビービョルン』『アップリカ』の3社ですが、それぞれどんな特徴があって、どんな人が向いているかって気になりますよね?
今回は、この3社を徹底比較して、あなたに合った抱っこひもを見つけてもらえたらと思います!

 

 

前開きジッパーで使いやすいキューズベリー

前開きジッパー抱っこひもイメージ
キューズベリーの抱っこひもには前開きジッパーが採用されているものがあり、赤ちゃんを移動する際に面倒な抱っこひもの着脱の必要がなくなっています。
ぐずりやすい赤ちゃんの場合、スムーズに抱っこひもへ移動することにより、ひどいぐずりを軽減することができます。

 

首がすわった後からの使用が前提となっているため、新生児から抱っこひもを使用したいという人は、ベビービョルンやアップリカといった新生児から使えるものをチョイスしたほうがいいかもしれませんね。

 

このキューズベリーの抱っこひもは、プレゼント用にラッピングをしてくれたりギフトセットとしても販売しているため、出産祝いとして購入すると喜ばれますよ!
ギフトカードをつけることもでき、赤ちゃんへの初めての贈り物にと選ぶ人も多いみたいですね。
キューズベリー公式サイト案内用バナー

 

 

値段の幅も広いベビービョルン

ベビービョルン抱っこひもイメージ
※左からベビーキャリアオリジナル、ONE 

 

ベビービョルンは、使用月齢や抱き方の種類によって4種類の抱っこひもから選ぶことができます。
一番値段が安い『オリジナル』だと、使用月齢が0〜14ヶ月の新生児抱っこと前向き抱っこの2種類の抱き方で6800円〜となっていて、一番値段が張る『ONE』だと、使用月齢が0〜36ヶ月で『オリジナル』の2種類と腰抱っことおんぶの計4種類の抱き方で16800円〜となっています。

 

値段の幅と同時に特徴の幅も広いベビービョルンは、新生児から使用できるということもあるため、退院時から使えるものがとりあえず欲しいという人や、逆に36ヶ月まで長い間同じものを使いたいという人におすすめです。
ベビービョルン楽天サイト案内用バナー

 

 

赤ちゃん医学や育児工学の研究より作られたアップリカ

アップリカ抱っこひもイメージ
※コランハグオリジナル

 

アップリカの抱っこひもは、赤ちゃん医学や育児工学の研究を生かして作られています。
頭が重く首が安定していない月齢の小さいときは、呼吸機能も安定してなく股関節も未発達のため、赤ちゃんに合っていない抱っこひもを無理に使用してしまうと、呼吸が苦しくなったり股関節脱臼になってしまったりします。

 

アップリカは、これらの観点から赤ちゃんの成長に合わせて細かく調整できる抱っこひもを作っているため、とにかく赤ちゃんの成長を最優先で考えたいという人にはアップリカの抱っこひもが向いているといえますね。
アップリカ楽天サイト案内用バナー

 

チェック
気になる通気性や軽さには、どのブランドにもメッシュ素材のものや軽量化されているものがあるため、そこまで差はないようですよ。

【抱っこひも比較】キューズベリー&ベビービョルン&アップリカ記事一覧

インナーメッシュ抱っこひもイメージ

お母さんと赤ちゃんの両方にあった抱っこひもが選べるとして人気のキューズベリーの抱っこひもなのですが、そのメリットやデメリットって気になりますよね?新米ママさんのために、キューズベリーの抱っこひもの特徴をお教えします!4種類から選べる抱っこひもキューズベリーの抱っこひもは、大きく分けて4種類があります。それぞれ、簡単にご紹介します。おんぶ抱っこひも インナーメッシュインナーメッシュのため、夏に限らず...

赤ちゃんを抱っこするママの画

色味も多く、広い選択肢から選べると人気のキューズベリーの抱っこひもですが、実際に使ってみたパパママはどんな感想を持っているのでしょうか?口コミを3点ご紹介いたします。初めて使うときから嫌がらず笑顔でした。首が完全にはすわっていなかったのですが、カバーがついているので安心して使用できたのが嬉しかったです。3、4ヶ月の離れるとぐずる時期にはとっても助かりました。着脱にもストレスがなく、腰ベルトタイプだ...

青いお財布

※キューズベリーは公式サイトの価格を参照。ベビービョルン、アップリカは楽天サイトの価格を参照。※価格は全て消費税込み